「エアフォルク」iQOSレザーケースの一週間使用ガチレビュー!

「Erforg(エアフォルク)」のiQOSレザーケースを先輩から頂いたので、実際に一週間使用してガチレビューしてみたいと思います!
僕はかさばるのが嫌いなので普段からケース無しで過ごしているのですが、せっかく頂いたので使ってみると便利な所が沢山あったので一つ一つ紹介していきます!

レザーケースの質感と見た目

img_6168
こちらが今回頂いたiQOSレザーケースです!
カラーはブラックになります。
他にもキャメル、ダークブラウン、ライトピンクの全4色になります!

 

 

img_6169
本体のスペックはこのようになっています。
高級本革(牛)
サイズ:120mm×75mm×43mm
重さ:100g

高級本革を使用していて、プラダのサフィアーノのような高級感のある質感です。
このレザーは傷や汚れもつきづらく、一週間使用しても新品のように綺麗なままです!

重さに関してはとても軽くて、iQOS本体を入れても違和感はありませんでした。

1週間の使用した感想

実際に使用していて感じたことを紹介していきます!

ヒートスティックホルダー

img_6173

まず、このヒートスティックホルダーがとてもよく考えられているなと感じました。
程よい強さのマグネットになっていてパカパカと勝手に開いたりはしません。
また、開けるときもサッと蓋を開けられて、何より便利なのがヒートスティックの箱を出さずにそのまま一本取り出せます。

 

img_6175

↑机に置いた状態なら片手でヒートスティックを取り出すことも可能です!

 

本体収納部分

img_6181

↑本体を収納する部分にはカード入れが2つ付いていて、Suicaなど入れておけるので便利ですね。
 

img_6182

チャージャー収納スペースはゆったりしていて、チェーンスモークしたい方のために予備のホルダーも入れることができます!
予備ホルダーを入れていなくても、チャックを閉めていれば中でチャージャーが動くこともないので気になりません。

 

img_6183

僕の使い方なんですが、チャージャーからホルダーを取り出すときはチャックをすべて開けるのではなく、チャックをL字に下ろし、蓋を開けてホルダーを取り出します。
そうすることでヒートスティックの箱やチャージャーをケースから出さずにiQOSを吸うことができます!
面倒くさがりな僕はいちいちケースから取り出すのが嫌だったので、凄く便利です!

 

ストラップ部分

img_6184
↑ストラップ部分には本体の高級レザーにマッチした付属のストラップが付いてきます。
 

img_6185
↑僕は付属のストラップを外して、自分の好きなものを付けて楽しんでいます!
 

img_6186
こんな風にカラビナを付ければベルトループに引っ掛けて腰からぶら下げておくこともできますね!

 

持ち運びするなら

img_6188

僕は基本的にカバンに入れて持ち運んでいます。
ヒートスティックと本体が重なっている構造なので、デニムなどのポケットに入れておくことは正直難しいです。
カバンを持ち歩かないときはジャケットのポケットに入れています。

 

img_6187

冬はジャケットのポケットも大きいので余裕を持って入れられますが、夏など薄着の季節はカバンに入れるか、ベルトループに引っ掛けて持ち運ぶことをオススメします!
使ってみて気がついたのですが、本体とケースが一緒になっていることがとても便利です!

今まではヒートスティックとチャージャーがバラバラにならないようにカバンの小さいポケットに一緒に入れていたのですが、このケースにしてからカバンにポンッと入れておけるようになりました。
高級レザーで存在感もあるのでカバンの中で見失うことないですね!

まとめ

今までケースを使っていませんでしたがこの機会に使ってみてすごく便利だなと感じました。
本皮を使用していて、作りもちゃんとしているのでパカパカ開いたり、中でガチャガチャ動いたりすることもありません。
万が一落としてもしっかりカバーしてくれて故障も防いでくれますね!
見た目も高級感があってカッコイイので気に入っています。

今はポケットではなく、カバンに入れて使っていますが特に不便に感じることはありません。
普段からバッグを持ち歩く方にはぴったりだと思います。
今後も毎日使用していこうと思います!

便利!アイコスケースErforg(エアフォルク)を1週間使ってみた感想!

2017.01.07

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiQOSマニアックスをフォローしよう!