新しいタバコ「アイコス」を中古で買うという発想

IMG_4719

蒸し暑い日々が続いています。

さて、タバコを中古で購入するという発想は、なかなか出てこないものかもしれません。
ですが、アイコスは中古市場で価格が高騰している商品です。

アイコスの定価と中古価格の差はどのくらい?

アイコスは、本体と充電器、専用クリーナーなどの一式が税込み9,980円で販売されています。ですが、中古市場ではこの「iQOSセット」が10,000〜30,000円という高価格で販売されています。
中古というと、プレミアアイテムでない限り、定価よりも安い価格で取引されているイメージですが、アイコスは品薄状態で需要が高まっているため、売り手も強気の値段設定をしているようです。定価より高い値段で今すぐ購入するか、品薄状態が解消されるまで気長に待つか、はたまた偶然の出会いを期待してストアやコンビニをかたっぱしから回るか‥‥悩みどころです。

中古のアイコスを購入する際は登録のチェックをお忘れなく

ずらりと並んだ中古のアイコスを眺めていると、「未登録」という単語が目に飛び込んできます。
そう、アイコスは製品登録をすることでサポートを受けやすくなるアイテムなのです。
登録には本体に印字されているシリアルナンバーが必要です。
一度登録をしたアイコスは、その情報を抹消しないと新しい持ち主の会員登録をすることができません。中古の商品詳細に出ている「未登録」とは、登録をしていないアイコスかもしくは抹消をすませ、新しい持ち主がいつでも製品登録できる状態のアイコスですよ、ということを示しているのです。
中古のアイコスを購入する際は、この表示に注意した方がよさそうです。

アイコスに登録しておくべき3つのメリット。登録方法をご紹介。

2016.07.16

まとめ

タバコが中古販売されているということ自体も驚くべきことですが、さらに価格が高騰しているというのは重ねてびっくりなのではないでしょうか。

こうした現象も、アイコスが画期的な商品であり、人々の興味を惹く存在であるという証明なのかもしれません。
喫煙シーンはアイコスの登場によって、大きく変革の時をむかえているのではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiQOSマニアックスをフォローしよう!