アウトドア派のアイコスユーザーが困った3つのこと【海編】

IMG_3216

猛暑の折、夏を満喫しに由比ヶ浜へ遊びに行ってきたので、アウトドア下でiQOSを使用した際の感想をご紹介したいと思います。

喫煙は所定の場所で!

由比ヶ浜はビーチでの喫煙が条例により禁止されている為、所定の喫煙所か海の家の席でしか吸えないそうです。

しかし、iQOSは例外として使用が許可されており、どこでもokとのことです。

これは困ったことではないですね。むしろちょっとした愉悦感でした。

  • 2016年7月時点でのルールです。
  • 使用する際は周囲に十分配慮しましょう。

ステータスランプが見にくい!

ここからが困ったこと。
まずは、その①です。

太陽の陽射しが強いとステータスランプがどうなっているか、よく見えません。
うっかりしてるとエラーで充電出来てなかった、なんてこともあり得るのでよく確認しないといけませんね。

結構ジャマ!

困ったこと、その②。

軽装でウロウロしたい環境下では、電子機器が一つ増えると結構ジャマでした。
特に海や川。

水着だとポケットもない場合も多いです。
普通のタバコならその辺に放っておけますが、アイコスだと「万が一壊れたら、、」と思うとあまり粗雑に扱えないです。
あと、水濡れや砂などで汚れるのが結構気になりました。

海に行く際は、iQOS専用のケースを用意していくなどの対策をした方がいいかもしれません。

充電が切れちゃった!

そして困ったこと、その③

この日はわりと長時間滞在していた為、途中で充電がなくなってしまいました。。

紙タバコと違ってライターさえあれば、という訳にも行かないのがアウトドアでの一番のリスクですね。外出前はしっかり充電しておくことをおすすめします。
ちなみにアイコスのチャージャーの充電がMAXになるには約90分間かかり、その状態だと「最低でも20回」ホルダーの充電ができると説明されています。

まとめ

海に遊びに来ている人の中にもiQOSユーザが沢山見受けられました!
彼らもきっとこのような問題と戦っていたことでしょう!

特に長時間の滞在時はモバイルバッテリーの携帯をおすすめします!

今年の夏、海へ行く予定がある方には是非参考にしていただきたいです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiQOSマニアックスをフォローしよう!