非喫煙者の私が「アイコス」について調べてみました

20090831_kikaku_sch

九州では大雨、関東では日照り、厳しい夏がやってきました。
今回は、非喫煙者からみたアイコスについてご紹介します。

非喫煙者がタバコを嫌う理由とは

非喫煙者にとって、タバコの最もイヤな点は臭いにあると思います。
そして同じくらい嫌われるのは副流煙です。最近の研究によると、副流煙の方が体に有害な物質を含んでいるらしく、「毒を吸わされている!」と言ってはばからない過激な嫌煙家もいます。
喫煙者は体や口にタバコの残り香がありますが、対面した時にこれを嫌がる人も少なくありません。

タバコが周囲にもたらすマイナスな影響を減らしたのが「アイコス」

要するに、非喫煙者にとってタバコは「臭い、体に悪い」というイメージなのです。
私は元喫煙者ですが、そんな私でさえ「む、この人タバコ臭いな」と思ってしまうことがあります。禁煙するまでは私もそう思われていたのかもしれません。

アイコスは、

火を使わず、灰が出ない、ニオイも少ない、革新的なテクノロジー
(引用元:iQOS公式サイト

のタバコとのことです。個人的に、一番のポイントは「電気加熱式」であることだと思います。タバコを燃やさず適切な温度で温め続けることによって、煙を非常に少なくおさえ、周りの人に迷惑をかけずに喫煙することができるということなのでしょう。煙が出るといってもほぼ水蒸気なので、従来のモクモクした煙とは臭いも質も違うとのこと。

出かける時は充電を忘れずに!

アイコスを使う上で一つ気をつけなくてはいけない点は、「充電」だと思います。ライターを使わずに吸えるアイコスは、一見荷物が減るように感じられますが、電子式なので充電されていないとただの置物になってしまいます。外出の多い人は、電源カフェなどで充電できるようにコンセントを持ち歩いたりしているそうですが、なんだかSFな雰囲気でワクワクしますね。

よりクリーンで革新的なライフスタイル
(引用元:iQOS公式サイト

とありますが、その通りの社会になりそうです。

まとめ

アイコスは、禁煙を果たした非喫煙者にとっても魅力的にうつります。

品薄状態が続いているというのも、それだけ興味をひかれる人が多いということではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiQOSマニアックスをフォローしよう!