正しく使えば美味しさアップ!アイコスのメンテナンス方法をご紹介

IMG_2549

夏本番がやってきましたね。
アイコスがあれば、熱い中わざわざ外に出たり、車の窓を開けたりしなくても良いので快適ですね。

しかし、アイコスは吸った分だけメンテナンスが必要になります。
メーカー推奨では20本に1回とされていますので、1日1回が目安ですね。
今回はアイコスのメンテナンス方法についてまとめてみました。

用意するものはこちら

IMG_2549
  • アイコスチャージャー
  • ホルダー
  • クリーニングセット(ロングブラシ、ショートブラシ、クリーニングフック)

また、アイコスホルダー内部はとても狭くて見えにくいので、明るい部屋・天気の良い日の方がおすすめです。

自動加熱クリーニング

アイコスのシステムには「自動加熱クリーニング」が搭載されています。
アイコスを吸って、充電しようと思ったら、「下のボタンがオレンジ色に点滅して焦った!」という経験はアイコス使用者であれば、誰でもあるかと思います。

20回に1回自動でクリーニングが行われますが、手動で行うことも可能です。
ブラシを使用する前には自動加熱クリーニングを実行してください。

方法は、加熱クリーニングボタン(点線の丸のボタン)を長押しするだけでOKです。

するとこのように、ステイタスライトが点滅するかと思います。

IMG_2552

20~30秒ほどすると終了です。ライトが消灯します。

クリーナーブラシでのクリーニング方法

チャージャーからホルダーを取り出します。
ちなみに中身はこんな感じです。

IMG_2609

下の方が真っ黒に・・・。
しばらくクリーニングはしていなかったのでとても汚れてしまっています。
ホルダー本体とキャップを分解し、本体はロングブラシ、キャップはショートブラシを差し込みます。

IMG_2580

それぞれ、くるくる左右に回すような感じでお掃除してください。

この時、慎重にやさしく扱うように気を付けてください。
ホルダー本体の中央に見えるものを「加熱ブレード」と言い、アイコスのとても重要な部分です。
掃除の際に加熱ブレードを折ってしまうことによる故障も多くみられていますので、クリーニングの際には十分注意をしてください。

ブラシでの掃除が終わりましたら、本体、キャップを軽くたたいて、ヒートスティックの屑を取り出します。

IMG_2596

このような感じになりました。
まだまだ汚いですが、最初よりは汚れが落ちたのがわかるかと思います。
これをきれいになるまで繰り返していきます。

キャップの掃除方法

アイコスを使用している、ホルダー内部にヒートスティックの一部が詰まってしまうことがあります。

IMG_2551

このように葉が一式詰まってしまうことも・・・。

そんな時は、フックを上手く利用したり、軽くたたいたりして、ヒートスティックの葉を取り除きます。

また、キャップはブラシやフックを使って掃除することも出来ますが、気になる方は、5分間ぬるま湯に浸すことにより、きれいに洗い落とすことが出来ます。
このとき、完全に乾いたことを確認してからホルダー本体に戻すようにしてください。

綿棒を使っての掃除方法

ここまで、アイコス付属品を使ってのメンテナンス方法を書きましたが、正直、ブラシだけでは使用前のようにきれいに落とすことが出来ません。

ここ最近、フルセットを購入した方であれば「アイコスクリーニングスティック」と呼ばれる綿棒が入っていたことと思いますので、そちらを使ってきれいにしていきます。

また、「もう使い終わってしまった」「持ってない」という方も、インターネットやアイコスストアでも購入することが出来ますので安心してください。1箱400円ほどですが、ネット上では数倍の価格で取引されていますので、価格には気を付けてくださいね。

「たかが綿棒に400円もかけたくないよ!!」という方は、ベビー用の綿棒と無水エタノールで代用することが出来ます。

ちなみにアイコスクリーニングスティックスは、ベビー用綿棒よりももっと細いです。薬局で見比べて、なるべく細いタイプを選びましょう。

エタノールといえでも、消毒用のものと無水エタノールがあります。無水エタノールは、テレビやパソコンなどの掃除にも使えるものです。アイコスも精密機器の一種なので、こちらを使うことをおすすめします。

クリーニング後

IMG_2614

今回は、アイコス専用の綿棒が切れてしまったので、ベビー用綿棒で代用しましたが、
良い子は専用の綿棒を追加購入してくださいね。

使用前のように内部が白くなり、吸い心地も格段にアップ!おいしさアップ!

もう紙巻きたばこには戻れないような気分です。

まとめ

アイコスのメンテナンスはとても大切です。
メンテナンスの前後では吸い心地や味も格段に違うことが分かるかと思います。
しかし、アイコスはとても精密に作られているので、メンテナンス中のちょっとの衝撃で故障してしまうこともあります。
正規品を使って、優しく丁寧にメンテナンスするようにしてくださいね。

クリーニングに要注意!アイコスブレードの破損が多発している。

2016.09.20

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiQOSマニアックスをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

愛美

91年生まれ。2016年より在宅ワーカー、webライターとして活動中。 喫煙歴3年。煙草の銘柄はメビウス・プレミアムメンソール・オプション、ピアニッシモ全般。つきまとう煙草のニオイに嫌気がさし、アイコスを購入。 快適な喫煙ライフを送っています。