アイコス派?たばこ派?二刀流にするメリット4つ

IMG_2540

先日、私の家に来たある業者の方が、アイコスと紙巻きたばこの二刀流をしているとおっしゃっていました。
どうやらその方の友人も二刀流をされているようです。そして私も二刀流。
少数派かと思っていましたが、意外と二刀流している方も多いのかもしれません。

アイコス初心者は二刀流がおすすめ

アイコス良いよ!なんて話を聞いて、気合を入れて買ってみたものの、やはり自分自身で使ってみないと分からないもの。
新しいことを始めるには、少なからず不安がつきまといますよね。
アイコスを始めたばかりの方であれば、(使い方が分からず)スムーズに吸えない、独特な臭いに慣れない、周囲の反応が気になる、タールなしで身体が適応できるのか疑問を感じる・・と様々な不安があることと思います。
新しいたばこに身体が慣れ、自分の喫煙ライフを確立するまでの間は二刀流の方が安心です。

アイコスだけでは物足りないとき・・

私が二刀流をする最大の理由がこれなのですが、アイコスのみでは物足りなさを感じるときがあります。
アイコスのメリットはヤニがなく、臭いが少なく快適なところですが、クリーンであるがゆえに、吸った感覚が薄かったり吸いすぎてしまうこともあります。
紙巻きたばこの方が、スカッとするような、良くも悪くもその後に残る感覚がありますね。

どことなく物足りなさを感じている方は、アイコスとたばこのの二刀流がおすすめです。
ストレスなく本数を抑えることも出来ますし、無駄な出費も抑えることが出来ますよ。
私は、リラックスをしたいときはアイコスですが、偶に刺激が欲しい時には紙巻きたばこと使い分けています。

アイコス故障時にも安心

先日、書かせていただいた記事のように、現在出ているアイコスのモデルはとても壊れやすいです。

これって故障?アイコスに不具合が発生した時の対応方法まとめ

2016.07.19

いざという時に備えて2台持ちをしている方もいますが、コスト面もあれば入手困難な現状もあり、なかなか2台持ちには手が遠い方もいらっしゃるのではないかと思います。そんな時に、たばこが手元にあると安心できます。

喫煙ライフを楽しめる

アイコスはヤニや臭いがつかないので車の中や室内、大事な商談や接客仕事の前などに最適です。
逆に、チェーンスモークがしたいときや喫煙者の友人・同僚といるときには、紙巻たばこの方が良いと感じている方も多いかと思います。
アイコス・紙巻たばこのそれぞれにメリットがありますので、それぞれの特徴を活かして自分に合うように使い分けることで、ストレスのない喫煙ライフを送ることが出来るのではないかと思っています。

ちなみに私は、なんとなく「お風呂入るの面倒だなぁ」なんてときには、敢えてアイコスではなく、たばこを吸っています。
「うわ!くさい・・・!お風呂入りたい・・!」と気分は一気にお風呂モードになります。

二刀流のデメリット

ここまでアイコス二刀流のメリットを書いてきたのですが、デメリットもいくつかあります。

  • 荷物が増えてしまう
  • アイコスとたばこが同時に切れると出費がかさんだような錯覚に陥る
  • せっかくアイコスを買ったのに・・という罪悪感が募る

などなど。
身体のことや周囲への影響を考えると、アイコスのみでもやっていけてるよ!という方は、そのまま使い続ける方がおすすめです。

まとめ

二刀流の私が感じているメリット・デメリットを挙げてみました。
アイコスを購入した目的や今の喫煙ライフの課題に合わせて、自分に合う喫煙スタイルを見つけられると良いですね。
これからアイコスの購入を検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiQOSマニアックスをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

愛美

91年生まれ。2016年より在宅ワーカー、webライターとして活動中。 喫煙歴3年。煙草の銘柄はメビウス・プレミアムメンソール・オプション、ピアニッシモ全般。つきまとう煙草のニオイに嫌気がさし、アイコスを購入。 快適な喫煙ライフを送っています。